« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

結婚式へ。

Po20111120_0954


行ってきました。

仲間内での結婚は、感慨もひとしおです。
なんていうんですかね、嬉しい気持ちがこみ上げてくるというかなんというか。

二人とも笑顔で、素敵な結婚式でした。


続きます。。


アヴェンチュラ@エリザベス女王杯。

日帰りで観光もしない京都なんて。
紅葉の写真一つ撮らないなんて。

そんな声が聞こえてきそうですが、日帰りで愛馬アヴェンチュラのG1出走を友人と見てきました。


4時台の始発。
新宿駅は朝帰りの人でごった返し、
JRは異様な空気と臭いで充満し、

すがすがしいとは裏腹の道のりから新幹線の改札へ。


そこからは京都まで2時間。近いものですねぇ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Po20111114_0002_2


さて、指定席の抽選が外れ、
9時前には競馬場着いたのですがすでにチケットは売り切れ。

仕方がないので日が当たる暖かいところの席を確保したのですが、まぁ暑いこと。

そんな暑い日だったせいか、白毛の馬がオッズとともに人気しておりました。


Po20111114_0097

キチンとカメラ目線をおくるところなんかアイドルみたいですね。


Po20111114_0062

そして、やっぱ、うん、白い(笑
鼻のところもピンク色ですねぇ。

白毛の馬なんて初めて見るので(競走馬では)写真をばかすか撮ってしまいました。

ただ、人気だけでなく、

Po20111114_0221

レースでもしっかり勝つというから驚きです。
ゴールしたときはスタンドから拍手があがってましたよ゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


さて、その後はアヴェンチュラのパドック写真をどの場所で撮るかと考えていたのですが、
もう柵を囲むように隙間なくぎっしりと場所取りがされていたため、パドックでの写真は諦めました(ノД`)

そうなると、これまたどこで撮るかと悩んでいたのですが、
スタート前のところがいいんじゃないかという話になり、そちらへ移動。


しかし、ここも場所取りがすごいのなんのって・・・。

なんとか人が退いてくれるのも見計らって、ようやく二人ぎりぎりが入れるところを確保。
そこで本番前として色々写真を試しておりました。

Po20111114_0234

デムーロ騎手、


Po20111114_0262

浜中騎手に何か話しかけてます。
というか文句言ってるような顔ですね(笑

Po20111114_0342


でも、二人とも負けました。
このエリザベス女王杯と同じ距離のレースを制したのは岩田騎手だったので、
本番では芝の感触などを踏まえた作戦を取ったのでしょうか。


Po20111114_0422_2

10Rドンカスターカップ。
メイショウウズシオを飯田騎手。

いよいよ本番の前のレースまで。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そしてついにきました返し馬。

Po20111114_0485


Po20111114_0533

レーヴディソールとは、ほぼ1年ぶりとなる対面。
ただ、今回は人気も調子も入れ替わりました。

Po20111114_0636


Po20111114_0646

気合はなかなか入っているように思います。

Po20111114_0666


しかし、


Po20111114_0708

自分で撮っておいてなんですが、
このスノーフェアリーの雰囲気が空恐ろしく感じます。

なんなのでしょう、この不気味さ。

Po20111114_0714


立ち止まってファンサービスかと思いましたが、後からこの画像をみたら、
そんなのではなく、ただ輪乗りしている敵をジッとにらみつけていたようにも思えます。


Po20111114_0779


ここまでくると私も手が震え、写真どころではありませんでした(笑

Po20111114_0820_2

結果はご存知のとおり2着。
アパパネに寄れたのがなければ。
そとに膨れたのがなければ。

色々思うところは勝負事にはつきものでございましょうが、相手が悪かった。

ただ、世界でもトップレベルのスノーフェアリーを相手に、アヴェンチュラも良く頑張ってくれました。

レース後はただただ放心状態で座り込むも何故か友人と満足気にいられるのは、
1年ぶりに現地で見たアヴェンチュラの成長に感奮したからかもしれません。

ここまで良く頑張ってくれました。
ゆっくり休んで、来年に備えてください。

と思ったのもつかの間。

まさかの両前脚骨折のお知らせ。。。。。

現役続行のコメントとはありますが、もしかすると来年に備えるというより、
再来年にまた会いましょうということもなきにしもあらず。

そうなると、5歳か。


Po20111114_0824


遠いなぁ。。。

けれども、またレースで走る姿を楽しみにしてます(。・ω・。)ノ

アヴェンチュラ@またしても骨折。

今度は両前脚だそうです。
またしても長い休みになるそうですが、激戦の疲れを癒して、
来年の、日が短くなる季節に元気に走る姿をまた見せてほしいです。


平然装ってますが、かなりショックです。。。

アヴェンチュラ@日本代表の牝馬に、

なったと言ってもいいですか?

スノーフェアリーはやはりびっくりするぐらい強くて、さすが凱旋門賞3着だなと思いましたが、アヴェンチュラも力を出しきったと思います。

Po20111114_0637

悔しさがないといったら嘘になりますが、ここはアヴェンチュラのさらなる成長力を期待して、来年に繋げてほしいですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


にしても強かったなぁ。

Po20111114_0713_7

レッドアンセム@ゲートとの対面から。

11.11.09 
(音無厩舎)

Po20110425_0108

北村(友)Jが跨り、乗り運動で逍遥馬道を通って、ダク調整後、軽めに坂路一本。
その後、ゲート試験に合格。
 栗東坂路 助手 68.6-51.8-34.9-17.3 なり
音無調教師「今日のゲート試験は合格しましたよ。
出た感じは、前回とそう変わりのないような気がするのだけどね(笑) 入り、駐立は大丈夫だし、
ダッシュ力も、これから乗り込んでいって体がしっかりとしてくれば、自然とついてくるでしょう。
このまま、レースに向けての調整を行っていきます」

11.11.10 
(音無厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路上角馬場で乗り運動の調整。
音無調教師「ゲート試験に合格したから、今日はご褒美で乗り運動だけ。
昨日は、ゲートからダートコースでダッシュを2本やっているけど、
馬体や脚元等に目立った反動は見せていないね。
入厩した当初は全体的にポッテリしていたけど、少しスッキリとしてきたかな。
まだ、馬体に緩さはありますが、デビューに向けて、しっかり乗り込んでいきますね」


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲート試験は先週にも受けております。

その近辺の感触では、
「話とは違いうまくいきそうだよ」
とのことでしたが、やっぱり牧場の話が正しいのか、不合格に。

それでも、ここが受かれば後はレースに向けて進めていくだけですので、
素直でかわいいままで、かつトモに張りが出てきた姿を見せてほしいものです。

レッドサイファー@東京で会いましょう。

先月入厩、3日にゲート試験合格。
その後、

Po20110425_0316

11.11.09 
(藤沢厩舎)
乗り運動後、南Dコースをダクで半周。その後、ウッドコースにて3頭併せを先行して外で追い切る。
 美浦ウッド 69.6-53.7-40.3 追う
田面木騎手「今日はウッドコースにて、この馬が誘導して、直線に向いてから外で追い切りました。
道中は良かったのですが、直線に向いて内から2頭に並び掛けられて、いざ合図を出したところ、
ハミを取らないでフワフワしたので、最後はしっかり気合を付けて、隣の馬と離れないようにしました。
先週の坂路ではハミもしっかり取っていたようなので、今の感じでは、ウッドコースよりは坂路の方が走りやすいのだと思います。まだ使うのは先のようなので、そのあたりがしっかりしてくれば良くなって行くと思いますよ」

藤沢調教師「直線でハミを取らなかったようですが、毎週これだけやられていれば徐々に覚えて来ますし、
体も出来てくるので良くなって来ると思いますよ。今のところ、疲れも出ていないので、この後もしっかりやって行きます」


11.11.10 
(藤沢厩舎)
乗り運動後、北150m角馬場でダクを10分くらい乗る。
担当助手「今日は追い切った翌日なので、他の馬と一緒にダクだけ乗って調整しました。
乗った感じでは、追い切った後にしては歩様もしっかりしていて、うるさいところも見せず、
他の馬の後ろを上手について行けていたので問題ないですよ。まだ稽古でもハミを取ったり取らなかったりで
走りもしっかりしていませんが、ひと追いごとに良くなっているので、これからやって行けば良くなって来ると思います。体はまだ余裕がある感じで、体重も474キロあります。明日は坂路か馬場で乗って行く予定です」


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


レッドサイファーは、牧場見学から急に評価があがってきた馬です。

フジキセキの仔ということで体つきも骨太に見せており、
なおかつ牧場では手ごたえが良過ぎて抑えるのに大変というお話も伺い、
さらに個人的に好きな栗毛の馬体もあってなのかもしれませんが(前日とはうってかわって晴れましたし)
そんなサイファーはすでに入厩しており、ゲートもうまくいっているそうです。

デビュー戦は藤澤厩舎ならではの横山騎手。
初めに好きになった馬はサクラローレルなので、それからは自然と横山騎手に目がいくことになったせいか、かなり好きな騎手の一人です。

古い話ですが、天皇賞・春でのローゼンカバリーの死んだふりからの3着は今でも覚えてます。
(天皇賞・春でローレルじゃないのかよというツッコミはおいておいて・笑)

横道にそれましたが、そんな横山騎手を乗せて東京マイルデビューともなると期待せざるを得ません。


ただ、気性の関係性で、距離が持つかどうかというお話もあったので、
レースや追い切りではどこまで成長したのかと、そこを見てみたいものです(。・ω・。)ノ

癖で調教みたいにハミを取らなかったら本末転倒ですが(笑

レッドクロス@太りたい男。

太りたくても太れない。

Photo_2

そんな、女子からの反感を買ってしまうこともありそうなレッドクロス。

「おまえの父ちゃんいかついのに」と、
本来であれば太系馬体でもおかしくないのにという周囲の声も聞こえてきそうですが、私は、

サンデーの血が良く出てるからいいんじゃないか。
と綺麗なスタイルに惚れてしまい、出資したわけであります。

それが、今となってはサンデーの血はおろか、
ただの細っそいもやしっ仔となりかねない状態になりつつあります。
ああ、あの強い勝ち方をした新馬戦の面影はいずこへ。


11.09.30 
(ファンタストクラブ)
ファンタストクラブ石坂氏「稽古は順調ですよ。コンスタントに15-15を消化しています。ただ、今週の軽量で、馬体重は前回からわずかに2キロ増。日に4回食わしこんでいるのに、なかなか実になってくれないですね。でも、しっかり乗り込みはできているので、今後も何とか食わせこんで乗り込みを消化していきますよ」


11.10.07 
(ファンタストクラブ)
ファンタストクラブ石坂氏「変わりなく順調に来ています。乗り込み量は豊富だし、動きも悪くないのですが、やはり課題は馬体重ですね。まだ482キロ。本当は500キロくらいあってもいいと思うんですが。できるだけ太るように工夫しながら調整していきます」

11.10.14 
(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「この中間も週2回15-15を乗っています。調整自体はきわめて順調ですよ。次回の計量で馬体が増えてくれるといいですね。まだ具体的な移動予定は立っていませんが、以前に東京開催で使いたいと話されていたので、いつ声が掛かってもいいように態勢は整えていきます」

11.10.21 
(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「変わりなく順調に乗り込んでいます。水・土と15-15を消化して、どこにも不安なく来ています。引き続き、飼い葉をしっかり食わせながら、しっかり乗り込んでいきます」

11.10.28 
(ファンタストクラブ)
ファンタストクラブ石坂氏「直近の計量で498キロ。自己最高を記録しましたよ。成長分もあると思いますが、強めを乗って来てこれはいいですね。先生にも具合の良さを伝えておいたので、次の移動の組で入厩になるかもしれませんよ。時期的には来月半ばくらいまでにはですかね。それまで、週2回15-15でしっかりのりこんで、輸送にへこたれない体を作っていきたいですね」


11.11.04 
(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「週2回の15-15を含め、日々充実したメニューをこなしています。やっていることは以前と変わりありませんが、乗りながら馬体が充実してきたのがいいですよね。来週末の移動予定も決まりましたので、来週はサラッとやって輸送に備えたいと思います。これで、輸送後も馬体が減らないようだといいですね」
※来週末、ミホ分場に移動予定です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


意外にもやっと肥えてきたか???゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。

レッドマーベル@読めない女。

11.11.05 レッドマーベル

Po20100524_0075

レースコメント
新潟 3歳上500万 芝1200 古川吉洋 6番人気 12着
古川騎手「いやぁ、勝ったと思ったけどね。スタートもキレイに決まったし、道中も前に行った馬たちを、『よしよし、やり合ってくれ』と思いながら見ていたんだけど、直線に向いたところで一気に来られちゃったね。うーん、勝ちパターンだったんだけどなぁ…。ただ、前回も良かったけど、今回は一度使ってさらに動きが良くなっているよ」
担当助手「スタートもポーンと出たし、完全に勝ちパターンだと思ったんですけどね。気持ちも前向きになってるし、今日みたいなスタートが決められて、あれぐらいテンのスピードがあるのなら、直線1000mなんかを使ってみるのもいいかもしれないですね」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


夏場に休養を取り、その後もコンスタントにレースに出走するも、
どうしてかうまいこと勝ちに結び付けません。
一口をやって時間も経ち、ある程度レース内容を見てあるないの判断はつくようにもなったのと思うのですが、
いかんせんマーベルに関しては全くわからない。

ここんとこのスタートもうまく決めますし、
良い位置でレースをしているのでこれはと力が入るのですが、
勝負所でずるずると後退していく。

もう、なんじゃそらと突っ込みたくなるようなレース運びばかりしているので、
最近は調教がよくてもレースにそれほどの期待ができなくなってしまいそうです。

まぁ、血統だけにコンスタントにレース経験を積んでいくことができれば、
ふとしたときにそのレースセンスを生かして1着でゴールなんてことも、あるかもしれません。

が、いつになることやら(´;ω;`)


にしても、冗談でも本気でも、1000mでも使うかのコメントには驚きを隠せません。

アルドワーズ@最近オート的感覚に(笑

表題のままでございますが、お前はいつから地方馬になったんぞい、
というつっこみが380/400の割合でありそうなアルドワーズさん。

Po20100524_0349

ここ最近の4走をみてみても、
11/6/22 名古屋 メロン賞 稍 ダ1400  1着
11/8/7 小倉 3歳上500万下 良 ダ1700 10着
11/9/14 名古屋 ヴァルカン賞 良 ダ1900  2着
11/11/2 名古屋 サテュロス賞 良 ダ1400  2着

と、地方で1勝したはいいものの、中央でボロ負けしてますし、
前走も中央でボロ負けしている馬に負けてるしで、正直ゲームでいう
「レースを飛ばして翌週へ」
みたいな感覚へ陥ってしまっております。

ええ、本当はこんな気持ちじゃあかんのです(。・ω・。)ノ


ということで、これからはきちんとレースも見ます、うん。

と思った矢先に、

骨折ですか・・・・。


アヴェンチュラとの相性は良くても、
(アヴェンチュラの復帰戦前に勝利しているのと、同厩舎の馬が秋華賞でいいペースを作るw)

私との相性は悪いのでしょうか(笑


アヴェンチュラ@最終追い切り

11/9  角居厩舎

Photo

岩田
栗CW・良 85.4 - 69.2 - 54.1 - 39.8 - 11.7
エアウルフ(古1600万)直強めの内1.1秒追走0.2秒先着 馬なり余力(7)

9日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。追い切りの動きは、言うことのない完璧な内容でしたよ。キャリアが浅く、まだ完成されていない段階ですし、その能力は未知数ですが、現状としては最高の仕上がりですね。相手は強力なので強気なことは言えませんが、この馬も十分渡り合えるだけの状態にあると思っています」(清山助手)
「追い切りに跨がりました。ゴール前は他厩舎の馬もいてかなりごちゃごちゃっとしたのですが、この馬は終始馬なりで最後まですごい手応え。秋華賞の前よりも落ち着きがあっていい状態です」(岩田騎手)
13日の京都競馬(エリザベス女王杯・牝馬限定・芝2200m)に岩田騎手で出走を予定しています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

コメントでも表れているとおり、すこぶる順調みたいですね。
東スポの一面を飾れるとは思ってもいなかったのでニヤニヤしてしまいますが、
そこに掲載されている追い切りのアヴェンチュラを見ますと、もう抑えるのに精一杯なのではと
そう思わせるぐらい勢いのあるものだと感じました。

ブックやギャロップのフォトパドックでも、体つきも申し分なく、
皮膚も薄い感じで綺麗に馬体を見せております。


よしよし、これはもらった゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。

といいたいところですが、、、
まさかレーヴディソールがここまで仕上がるとはねぇ。。。


ただ、仮に8ヶ月の骨折からの休み明けでG1奪取したらとんでもないことになりそうですし、
ここで力走すると後々響きそうなので、レースでは無理をしないのではないかと思います。


そう考えると、

やっぱりもらったな(。・ω・。)ノ

あ、

まだ変な強い外国馬いたな。

それはなかったことに(* _ω_)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

フォト

愛馬。

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと。

  • HIROさん。
    一口馬主。 私と同じ、愛馬レッドマーベルを持っています。 その他にも数多くの愛馬を抱えておりまして、うらやましくも思います。
  • みっち。
    小人みたいなかわいらしい子。恋愛してるのかしてないのかできてるのかできてないのか(笑)けれど、相手を思う気持ちは一流です。
  • 姉さん。
    大学のクラスメイトで、木曜メンバーの会の一人の、ほんとに綺麗なお姉さん。ただ、話すと意外と男っぽい。通称あねご(笑
  • あやくん。
    エロ集団の一人。普段は純粋無垢という猫をかぶっているので、じゃらしで剥ぎ取ってあげましょう。何がでてきても責任とりません(笑
  • トモ君。
    通称トモソン。別にデンマーク生まれではなかとです。 ガキのころによく泣かされました(笑)そんな、長い仲です。
  • みちゃき。
    妙に色っぽく感じるのは何故だろぅ。艶女?の割りにさばさばとサッパリしているところもある。でもやっぱ艶やかに認定します(笑
  • ゆっち。
    激しくまっすぐで純粋。やることも激しい。だけど、二人っきりになるとおとなしくなるという噂も・・・。 遅刻ではsecond to noneです(笑
  • ゆみん。
    笑顔が素敵とはまさにこのこと。でも酔っ払うと誰の手にも負えません。必殺技は携帯を叩き落す猫パンチ!!にゃ~(笑
  • ちえ。
    たくましい仙台育ちの愛らしい子。いつもにこにこしているけれど、人をよく見ています。私も少し、見破られました(笑
  • けたろう。
    きみまろ仲間?(笑
  • とも。
    あなたの就職活動アドバイザー☆でもある、わしょーい部隊隊長。やることはとことんやる責任の塊。熱いことは、寒いことと同じくらい大好物(笑
  • トン君
    最近(?)関西弁の女の子って妙に可愛いと思うトンです。
  • くに
    小さな幸せがみつかる。 ケンタっこ。
  • えりちん○
    えりちん○。 放送禁止用語としか思えません・・・。
  • ピろ子。
    かわいくて筋肉触るのが好きな、小さなデザイナー。小学生からの付き合いです。
  • かをりさん。
    尊敬する人。 いつか逢えると信じる。

お気に入りのレストラン。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ