« こんにゃくが余り過ぎたので。 | トップページ | 上原美優さんについての。 »

北海道での種付け。

タイトルにいささか御幣がありますが、
用はそれを見学させてもらう機会にめぐり合ったというわけです。

なんの、って、馬ですよ(。・ω・。)ノ

そんな、馬産地では珍しくもないことですが一般の人が立ち入ることが中々できないので、
見学させてくれるというお話が合ったときには馬友とだいぶ喜んでおりました。

食事中の方や、女性の方は注意してお読みください。

さっそく、種馬がやってきます。

Po20110425_0488

フレンチデピュティです。

俗に馬の世界では乗ってすぐ終了というのが床上手というらしいのですが、
この馬はうまくないということなので、時間がかかるものなんだと。

Po20110425_0491

それでも、まぁあっさりだなと(*´・ω・)´

不思議なのが、この牝馬には仔馬もおり横で種付けされている最中、
仔馬は鳴きながらバタバタと落ち着きがありませんでした。

担当の方いわく、
「母の身に何が起きているのかわからず、心配でならないんじゃないか」
ということでした。

襲われて危険、という認識・本能は、あながち間違ってもいないのか。


一仕事終えた後は、種がちゃんと入っているかをブツから搾り出してすぐ横の顕微鏡で確認。
そして、衛生面も含め、ブツも消毒されます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

続いてやってきたのは種馬ではなく当て馬。

Po20110425_0495

当て馬というのは、牝の馬がキチンと発情しているかどうかを確認するためだけの仕事をする馬。

用は、乗っかれない、かわいそうな牡馬ということです。


そう、私は思っていたのですが、

Po20110425_0498

乗ったwwwww

担当者いわく、
「乗っても入れさせないようにプロテクターをつけているんですよ」
とのこと。

Po20110425_0543
これがそのプロテクター。

おあずけよりもひどい仕打ちだと。
乗ってもできない。。。

なんてかわいそうなものだと、現場を見物していた担当者含む男3人はそう思ったに違いない。


ただ、当て馬も何頭かでまわしており、サラブレットではない特定の品種を扱っているらしく、
当て馬たちもキチンとした種付けができることが救いだろうか(`・ω・´)ゞ 乙

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、その当て馬の仕事の後は、本物が。

Po20110425_0504

アヴェンチュラの父、ジャングルポケット。

時間がかかるとの話でしたが、
この馬は先ほどのフィレンチデピュティよりもあっさりと早かったです。


このクラスの種牡馬ともなると、一日に何度も種付けをすることになり、
3ヶ月間くらいで200頭もの繁殖牝馬を相手にします。

2年連続して同じ種馬を付ける牝馬、そして生まれた当歳馬がそこにいれば、
そこにはひとつの家族ができあがる。

馬の脳みその能力の限界もありますが、頭がいい馬がいるのであれば、
昨年相手にした牝馬を覚えていて、そんな不思議な光景を感じる馬もいるかもしれません。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

余談ですが、こういう行為は牡馬だけでなく、
牝馬も気持ちがいいものなのか、そんな話をしていたら、

担当者いわく
「じっとしているし、暴れないし、気持ちいいんじゃないでしょうか」
とのこと。

牡だけが血走っているわけでなくて、男としてはホッとしました゚.+:。(・ω・)b


ただ、人気の種牡馬ともなると、一日4時間置きに4回、ほぼ3ヶ月ぶっ通しで種付けを行うらしい。

生命力のすごさに驚きです(。・ω・。)ノ


貴重な経験をさせてくれた社台SSの方、感謝いたします。

« こんにゃくが余り過ぎたので。 | トップページ | 上原美優さんについての。 »

uma」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70618/51584070

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道での種付け。:

« こんにゃくが余り過ぎたので。 | トップページ | 上原美優さんについての。 »

フォト

愛馬。

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと。

  • みっち。
    小人みたいなかわいらしい子。恋愛してるのかしてないのかできてるのかできてないのか(笑)けれど、相手を思う気持ちは一流です。
  • 姉さん。
    大学のクラスメイトで、木曜メンバーの会の一人の、ほんとに綺麗なお姉さん。ただ、話すと意外と男っぽい。通称あねご(笑
  • あやくん。
    エロ集団の一人。普段は純粋無垢という猫をかぶっているので、じゃらしで剥ぎ取ってあげましょう。何がでてきても責任とりません(笑
  • トモ君。
    通称トモソン。別にデンマーク生まれではなかとです。 ガキのころによく泣かされました(笑)そんな、長い仲です。
  • みちゃき。
    妙に色っぽく感じるのは何故だろぅ。艶女?の割りにさばさばとサッパリしているところもある。でもやっぱ艶やかに認定します(笑
  • ゆっち。
    激しくまっすぐで純粋。やることも激しい。だけど、二人っきりになるとおとなしくなるという噂も・・・。 遅刻ではsecond to noneです(笑
  • ゆみん。
    笑顔が素敵とはまさにこのこと。でも酔っ払うと誰の手にも負えません。必殺技は携帯を叩き落す猫パンチ!!にゃ~(笑
  • ちえ。
    たくましい仙台育ちの愛らしい子。いつもにこにこしているけれど、人をよく見ています。私も少し、見破られました(笑
  • けたろう。
    きみまろ仲間?(笑
  • とも。
    あなたの就職活動アドバイザー☆でもある、わしょーい部隊隊長。やることはとことんやる責任の塊。熱いことは、寒いことと同じくらい大好物(笑
  • トン君
    最近(?)関西弁の女の子って妙に可愛いと思うトンです。
  • くに
    小さな幸せがみつかる。 ケンタっこ。
  • えりちん○
    えりちん○。 放送禁止用語としか思えません・・・。
  • ピろ子。
    かわいくて筋肉触るのが好きな、小さなデザイナー。小学生からの付き合いです。

お気に入りのレストラン。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ