« ぬこさんは落ち着いてます。 | トップページ | 有頭海老のトマトクリームパスタ。 »

3月3日。いくつもの種をあの丘へ浮かべて。

この日、父は会社を立ち上げる。
資金100万で、何ができるのかと、そこで思い立ったのが研磨屋だった。
両親から借り入れをし、少しの機材だけで自らプリント基板業界へ営業。

この時期、何をもってこの業界を選んだのか、未だに謎であると同時に、
昔はドリル1本何十円で研磨していたこともあり、かつ競合もそれほどなく売上げは順調に伸びていく。
(今現在、種類にも寄るが3分の1くらいの値になってしまった)

なんてニッチなことを。
私が会社の業務の説明をすると、そう口にする人は少なくない。

ただ、そこに仕事があると目を付けた父。
私が小学校高学年の頃には簡単に年収何千万稼ぐという数字からも、
その隙間を狙った事業というものは間違いではなかった。
(しかし、母はそんなんじゃ足りないと豪語してたという、さらに上をいく強者であったことも確か)


そんな父の小遣いはナシ、ということは言うまでもありません(笑

家庭を大事にし、私たち兄弟(4人)も大切に育てられたと、
この年になって再認識させられますが、ふと、まだ居たならと思う。


仕事の話、これからの家族の話、

そして何よりも、孫の顔を見させてあげたかった。


最近、従兄に新しい命が生まれ、おじいさんとなった父の親友である叔父を見ていると、
やはり孫をみる目が痛いくらい優しすぎる。

噂には聞いていたが、孫の力というものは何にも変えがたいものなんだなと。
(責任のないかわいさもあるらしいが・笑)

そう思えば、私はじいさんに色んなことを教わったし、色んなわがままを聞いてくれた。
じいさんにしてもらった初めてのことが、今でも続いていることも驚きである。

今現在も馬友かつバンド友でもある友人に感化され、
6万もするエレキギターを頼み込み、
その馬友とともに初めて競馬場へ連れていってくれたのもじいさん。
(朝っぱらから二人にビールを運んでくるような人です・笑)

元々、音楽が好きで、馬が好きで、そしてそのうち酒も好きになると、
ああ、やっぱりじいさんから受けたものはたくさんあったなと。
(馬は競馬というか、乗る方になってしまったが・笑)


え、と、じいさんの話になってしまいましたね(笑

そのくらい、孫の力、かわいさは右に出るものはいないくらいのものだと
私自身がわかっていることだからこそ、父には孫の顔を見せたかった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今は父の作った会社で働いている。
社長は父の兄。

3年間外で修行を兼ねて広告代理店の激務に携わり、
同年代にしてはかなり稼いだし、経験も積んだと自負している。

ただ、父の会社で働く今は、前職の給料の半分ちょい。

不景気やらなんやら、色々仕方ないことはあると思うが、
木曜から社長がいないこの会社はどうかしていると思うので、
その給料もまったく納得いかない。

社長も、他の社員も、がっつり仕事に取り組む意気込みがないのが現状。
社長は木曜からいない。
部長も金曜からいない。
ある社員たちは暇そうにたばこをふかしまくり、
ある社員は居場所を見つけるためにうろうろ。

形だけの営業部はあるが、営業マンが営業といえることをしているのは私のみ。

人から、
「なんでそんな会社に?」
といわれれば言われるほど、虚しくなります。

「父の会社・意思を継ぐため」
そう、自分に言い聞かせて仕事に取り組んでいる次第です。
そうでなければとっくの昔に辞めてます。
(真面目にやっている人なら病気になること間違いない・笑)

そんなわけのわからない会社で、勝手にコツコツと営業してきたからか、
いい話がちょいちょいきてはいます。
(この業界、今の時代では新規で入ることが難しいのに驚き。)

今まで私がしてきたことは、いくつも種を撒き浮かべること。
綺麗な花は勝手に咲くのではなく、咲かせてあげることをしなくてはならない。

地味にではありますが、父が遺したこの会社を盛り上げようと日々過ごしております。


ちょうど、今の私と同じ年に父は会社を作る。

私は、どれだけ父に近づいているのだろうか。
そんな指標を持つ私に的確に助言できるのは、父とじいさんであることは間違いない。
でも、二人に相談することは不可能となってしまったため、
私は自らの力で父に近づくための何かを見つけなくてはならない。

そして、自分の花を咲かせるためには、家族であったり、
いつも一緒にいる連れや友人、ビジネスパートナーが必ず必要になってくるだろう。

生かされていることに加え、そうしていつも皆に助けられていることを心に、
日々、種を浮かべて続けている、地味な男です(。・ω・。)ノ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私が中一の頃の父の日記のメモ欄より。

110312_100132

確かそんなだったな(笑


« ぬこさんは落ち着いてます。 | トップページ | 有頭海老のトマトクリームパスタ。 »

my self」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月3日。いくつもの種をあの丘へ浮かべて。:

« ぬこさんは落ち着いてます。 | トップページ | 有頭海老のトマトクリームパスタ。 »

フォト

愛馬。

ひと。

  • みっち。
    小人みたいなかわいらしい子。恋愛してるのかしてないのかできてるのかできてないのか(笑)けれど、相手を思う気持ちは一流です。
  • 姉さん。
    大学のクラスメイトで、木曜メンバーの会の一人の、ほんとに綺麗なお姉さん。ただ、話すと意外と男っぽい。通称あねご(笑
  • あやくん。
    エロ集団の一人。普段は純粋無垢という猫をかぶっているので、じゃらしで剥ぎ取ってあげましょう。何がでてきても責任とりません(笑
  • トモ君。
    通称トモソン。別にデンマーク生まれではなかとです。 ガキのころによく泣かされました(笑)そんな、長い仲です。
  • みちゃき。
    妙に色っぽく感じるのは何故だろぅ。艶女?の割りにさばさばとサッパリしているところもある。でもやっぱ艶やかに認定します(笑
  • ゆっち。
    激しくまっすぐで純粋。やることも激しい。だけど、二人っきりになるとおとなしくなるという噂も・・・。 遅刻ではsecond to noneです(笑
  • ゆみん。
    笑顔が素敵とはまさにこのこと。でも酔っ払うと誰の手にも負えません。必殺技は携帯を叩き落す猫パンチ!!にゃ~(笑
  • ちえ。
    たくましい仙台育ちの愛らしい子。いつもにこにこしているけれど、人をよく見ています。私も少し、見破られました(笑
  • けたろう。
    きみまろ仲間?(笑
  • とも。
    あなたの就職活動アドバイザー☆でもある、わしょーい部隊隊長。やることはとことんやる責任の塊。熱いことは、寒いことと同じくらい大好物(笑
  • トン君
    最近(?)関西弁の女の子って妙に可愛いと思うトンです。
  • くに
    小さな幸せがみつかる。 ケンタっこ。
  • えりちん○
    えりちん○。 放送禁止用語としか思えません・・・。
  • ピろ子。
    かわいくて筋肉触るのが好きな、小さなデザイナー。小学生からの付き合いです。

お気に入りのレストラン。

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ