« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

暇な方。

30~6日。
立川の伊勢丹にいます。

香水なんぞ売ってます。

何か買ってって~(笑

ちょっとタイム。

こんばんは。

27~28日に起きた同窓会については詳しく書きたいので、
しばらくお待ちください。

時間あったら書きます。

4日も試験だしなぁ。

なので、もうちょっとだけまってね。


それまで、
僕との相性診断でもしててください。
よろしくー。

留守番。

25日と26日、

母が友達と旅行に行くので、僕がチビーズの面倒をみることに。

掃除、洗濯、

チビーズの塾やバレエの送り迎え、

料理とそれの買出し。

などなど、他にも色々。


家事は得意だし、苦ではないです。

料理も好きなので、昼から何を作ろうかと考える。


結局、

酢豚と、レンコンのキンピラと、シジミの味噌汁、わかめときゅうりの酢の物。


なんて健康的なんでしょう。


いつもの通りビールを飲みながら。


なんてうまいんでしょう。


酢豚は、調味料とか大雑把な割りに、うまくいきました。

自分でもうまかった。

弟2人は舌が肥えてるせいか、作った料理がうまくないと、

少ししか食べようとしません。

無理矢理食べさせるけどね(笑

一番下の妹はなんでもおいしいっていってくれます。

その時だけ天使です(笑


あ、レンコンが炒めすぎなせいか、やわかく・・・。

ま、矯正してるしいいや。

シジミは砂抜きすればいいだけだし、酢の物も三杯酢作ればいいだけだし、

酢豚だけに時間をかけた分、美味しくできあがりました。


そんなこんなで、

昨日会った子がウチにくることに。

いつも、コンビニ弁当や外食ばかりで、

家庭の温かい料理を、ここ何ヶ月も食べていないという話を聞き、

世話焼きな性格が発揮されたせいか、

「かわいそうにねぇ、ぐずぐず」

と、

涙ぐみながら(?)招待することに。


久しぶりにこんな料理を食べて、喜んでました。


しかし、

なんで最近この子は酔っ払うのが早いのか(笑


母の代わりになることは、たまになら楽しいけど、

これを毎日することはきついかもしれません。

そんなことを毎日何気なくする母親に感謝です。

リッチな会。

クラスの中で、たまたま数学という授業をとっていた4人。

この4人で、早く終わる授業の後は、いつもよりリッチな食事や、

ケーキ屋にいってくっちゃべることをしていました。


それは2年生の話。


3年からは、このメンバーでの授業の後のお茶はなくなったけど、

何ヶ月かに一回、贅沢をしようという思いのもと、

「木曜メンバーの会」

が生まれました。

メンバの、りぇさんが勝手に名づけました(笑


一番初めは、知り合いのフランス料理の店へ。

ワインもかなり飲み、終電ギリギリまで(いつもそうだが)話し込む。

意外と男一人も楽しいものです。


そんな感じで始まったこの会、何回目かは数えてないけど、今日行われました。


残念ながらメンバの一人、まいさんは3年前のウスターソースにやられ、

参加不能に・・・。

前の日に電話で話をしていた時は、

「何処連れてってくれるのー?」

と、夜中まで元気で、ウスターの力も弾き飛ばしていましたが、

次の日にボディにくる。

吐き気が・・・。

らしいです。

また今度いいとこ連れてくねー。


さて、3人で行われた会なのですが、

雰囲気もいいとこで、料理もうまい。

女性お二方がやたらアボガドの料理を頼んでました。

靴を脱ぐカタチで、ロフトに上がり、個室っぽい中に、クッションがあったのもびっくり。

抱きながら話すという面白い光景に(笑

「さすが表参道」

なのかどうかはわかりませんが、そんなことを話す僕らは田舎者です(笑


次は、六本木かなぁ。


今日は、小学生の頃からの友達、勝也の誕生日でした。

おめでとう。

今から会う日を楽しみにしてるよー。

せつこ。

今年もほたるの墓見ませんでした。

なんでって?

それは・・・


泣くからです。

序盤から涙全開です(笑

ちょうど年の差がうちの妹と同じなのです。

終わる頃には、

息が詰まって死ぬんじゃないか


ぐらいの勢いで、

今度はそれで苦しくなります(笑


さて、今日は、

ジブリの森(?)に行ったママのお話。

そのママは母の友達、アサちゃんといいます。

うちにも遊びにきたりして、僕も一緒に飲んだりしてます。

35歳くらいの綺麗なママ、アサちゃんは、マユという娘がいます。

私の妹と同い年。そして仲良し。


そんなアサちゃん、今日、マユを連れてジブリの森に行きました。

アサちゃんの義理の妹の子供たちも一緒に。

中はそこそこの混み具合。

ふと、マユが前を見ると、木村拓也みたいな人がいました。

娘  「前にキムタクを意識している人がいるよー」
 
ママ 「ほんとだねぇ」

とまぁ、最初は別に意識してなかったらしい。


しばらく進んで、キムタクもどきが角を曲がり、横顔が見えると、

娘  「あれ?本物だー」

ママ 「!!!!!!!!!!!!!!」


とまぁ、かなりびっくりしたようです。

家族サービスできてたらしく、奥さんと子供もいたそうです。


さて、失神寸前のアサちゃん、

落ち着かない様子でキムタクを目でおってましたが、見失います。


そんなこんなで、

猫バスに乗れるアトラクション(?)まで行きました。

マユが別に乗り気じゃなかったので、妹家族だけ乗ることに。


・・・しばらくたって妹たちが戻ってきました。

すると、妹は、

「アサちゃんも乗ればよかったのにー。キムタクがいて、子供たちと一緒に遊んでくれたよー」


なんでも、妹の子供たちと木村拓也の子供の年がそう変わらなく、一緒にはしゃいでたそうです。

子供たちと、

バーン
バーン
ドキューン

って、打ち合いをしてたみたいです。


それを聞いたアサちゃん、

かなりガックリ。


それもそのはず、

アサちゃんは、木村拓也が大好きなのです。

毎年、SMAPのコンサート、3,4回行ってるほどです。

母とともに(母は慎吾)行ってます。

以前、かなりのレアもののポスターをあげたら、かなり喜んでました。

ロッテのガムのCMをしてたころかな。

今頃、拓哉の夢を見ているかもしれません。


木村拓也は、ロケでは周りに対して冷たいみたいだけど、

プライベートではものすごい優しいパパでしたとさ。


私がそんなパパになるのはいつだろぅ。


同棲。

有楽町

日本橋

そんなところまでとばされてバイトしている中、

海老名という場所でのバイトはかなり嬉しい。


けど、

やっぱ都心とくらべて人がいないいない。

暇すぎてつらかった。

そんなこんなです。


さて、

友達が同棲をするという話を聞いた。

なんでも、学生のうちに一回やってみたかったから。

それと、

泊まりが多いとお金がかかるから。

とか。

まぁ、理由はいたって普通。


おいおい、大丈夫か?

と思うのは二人とも、

家事をやったことがほとんどない。

からです。


本気で、生きていけるか心配です(笑


私  「そんなんでやってけるのー?」

M子 「洗濯は自分のものは自分でするよー」

私  「料理はー?」

M子 「とりあえずやってみて、無理だったら外食。それか、よー君にシェフになってもらうー」

私  「・・・」

M子 「嫌ー?」

私  (嫌とかそーゆー問題じゃ・・・)

M子 「じゃあそーなったらよろしくねー」


彼氏?は?料理しようとしないのだろうか。

M子 「たぶん何もしなさそー。ケラケラケラ」

と語ってました。


私はあなたの行く末が心配です(笑

私はそんな遠いところまで行きたくありません。

もし行ったとしたら帰るのだるくなります。

彼氏に邪魔者扱いされたら彼氏をポイ捨てします。


私  「今まで何か作った料理あるー?」

M子 「カレー。だけど失敗しちゃったんだー」

・・・カレーって失敗するのけ?

この発言、以前どこかで聞いたような(笑   

相性100%

が出たのは2回目。
今回は、恋愛頭脳ってやつです。


まず自分の↓
yoichi.さんの恋愛観は、ほぼ壊れています。

これは個性の範囲を大きく外れています。

yoichi.さんの考え方は多くの人と食い違い、衝突を生みます。

彼氏彼女がいるならば、トラブルの種はほとんどyoichi.さんの中にあると言えるでしょう。

また、これほどに恋愛観が一般像とかけ離れていると、多くの場合、目指すべき理想のカップル像、将来像に共通のものを描けないはずです。

まず聞く耳を持ちましょう。

【印象】
頼り甲斐があると思われています
どこか計算高い、ずるい印象を持たれています
敷居が高くてアプローチしづらそうなイメージがあります
どことなくギラついてて怖いイメージがあります
価値観が子供っぽいという印象があります

など、特にひどいのが、

財力

お金があれば全てうまくいく、とyoichi.さんは勘違いしていませんか?財力があればあるで良いものの、ここまで執着していると、何か大事なことを見落としたまま年をとってしまいそうです。まず「人」ありきで、その「人」の副産物としての財力に期待しましょう

なんやねんなぁ~。


で、かをりさんとの結果↓

yoichi.さんとkaworiさんの相性レベルは最高です( 相性 100 % )


ジャンル 相性 問題点
人生における恋愛 ◎ 問題なし
社会における恋愛 ◎ 問題なし
自己犠牲の精神 ◎ 問題なし
ルックス ◎ 問題なし
財力 ◎ 問題なし
安定と刺激 × kaworiさんという暴れ馬をyoichi.さんは乗りこなせません
駆け引き ○ 問題なし
許容と束縛 × yoichi.さんが縛るからこそkaworiさんが自由を求める悪循環になります
将来への意識 ◎ 問題なし


・・・てか僕は束縛ってかむしろ全く今までしなかったが・・・
いやはや。


それにしてもびっくりだわ。

場に、、、

二翻。

あるのを数えるのはおっちゃんだけかと思ってました。


バイトのし過ぎで足が痛いっす。

こんな話を聞きました。

大学1年で留年。
大学2年も留年。
大学3年も然り。

そんな奴についたあだなは、

「イーぺーコー」

まさか(笑

最近。

最近、変なおじさんをみる。

バイトの帰りに一度見たそのおじさんは、

ピンクのヒラヒラのクレージュの服を着ていました。


・・・コスプレ?


しかもそのおじさん、バイトに行くときに二回も見ました。

う~~ん。


クレージュが似合う女の子は好きだけど、
そうでないのに着ちゃう女とおじさんは勘弁なり(笑

生き残るために。

ある一頭のシマウマがいました。

彼は、友人がライオンに食べられてしまってからこう思う。

「僕は、ライオンに食べられたくない、だから走りこみをして鍛えるんだ」

って、
思うシマウマがいたら変な話ですね(笑

自分を大事に。

7日に、グリンコプ会合が行われました。
毎年、遠くに行ってしまったあひる組の友達が帰ってきたらやる、という、
まぁ、ごく普通の飲みです。

どんなことがあったって?

ごめん、あまり覚えていない(笑

あれくらいじゃ酔っ払うことはないのだが。


覚えていることは、
いちばんデカイ子は体を売って院生になる。

とか、

あひる組なあの子は今やってる勉強に興味ない。

とか、

就職先をやっとこさ決めた、エロいかなりや組の子。

とか、

働くところは橋本がいいとゴネる銀行に勤める子。

とか。

なして、覚えてないんだろぅ。

ま、その理由は明らかです。

8日から名古屋に行って、9日に帰る予定だったはずが、

今日までに延びた理由からです。


「よーいちにもう一度会えて、安心したんじゃない?」
親族は皆こう言います。


8日に行く。

それは、ただ僕が勝手に決めただけ。

たまたまです。

呼ばれたのだろうか。


人の、息を引き取る姿を見るのは、この年ですでに2回。
多いのか少ないのかわからないけど、
僕は多いと思う。
しかもどちらも濃い血。

まして、名古屋まで行って、父の妹であるおばさん家族の、おばさんを残して皆が出払っている時に起きたこと。


二人で手を握りながら声をかける。
すると、少し反応する。

それでも呼吸の間隔は広がるばかり。


まだ歩きはじめたばかりなのに、
おむつを背負ってしょっちゅう遊びにいってた僕をめちゃめちゃかわいがってくれました。

モノゴコロつく前からとはいえ、懐かしく感じます。

一緒にお茶を飲みながら、ずっと話をしていたり、
(ほとんど聞いてることになったが)
高校生なのに競馬場に連れて行かれたり、

沢山の愛情をもらったおじいちゃんっこである僕は幸せでした。


8日にお見舞いに行ってドアに手をかけ帰ろうとしたとき、ふとおじいちゃんを見たら、
しゃべることもできなく、ほとんど動けないのに、手を差し伸べていました。

でも握り返した手は、
姿からは想像できないほどの強く、しっかりとしたものでした。


父とじいさまと一緒に金杯(競馬)に行ったのは、まだ2年半前。
もう、なのかな。

大当たりしたじいさまとは裏腹に、めっちゃスッた父は母に、
「いくら使ったの?」
と聞かれ、
「3万」
と答える。

その金額に対し、
「そんなに使ったの?」
と、母に叱られた父は、スッた金額をかなり誤魔化してました(笑


このギャンブルの血(しかも穴狙い)だけは、受け継がれていくだろうと思われるので、二人とも安心してください。

てか、他に何かなかったのだろうか(笑

ABカップルとその子供。

夏休みの自由研究は何をしていましたか?
僕は、かなぶんを必死に集めて、発砲スチロールにいれて、次の日になったらかなり臭かったのを覚えています。
友達は、至るところからアリを集めて、全滅させてました。
その時、アリは、違う巣のを集めると格闘することを知りました。
でも、羽蟻が女王になるとは知りませんでした。

話は変わって、
学校の友達と、デネーズでクラス旅行について話してました。

おっしーと呼ばれる彼はA型です。
その彼女、まりちゃんはB型です。

究極の相性がここに(笑

二人は長いのです。
大学入る前からなのです。


血液型で人を決めるのはよくないっていうけど、
ネタとしてはおもろいっす。


そんなこんなで17時に。
バイトのお時間なのでドロンしました。
てよりは、笹塚まで送ってくれました。
ありやとぅ。

あ、今、卒論とは別の論文に手を出しました。
最優秀賞15万。
題材、少年犯罪は何故に増えるのか、について。

これはやらねば、と思い、他にもやること多いのに手を出してしまいました。

う~ん。。。

よくばりすぎ(笑


以下、ちょっと書いたこと。

電車の中で子供が叫びながら走り回ったり、飛んだり跳ねたりしているのをよく見かける。
「なんだ、このガキ」と思いながら目を追うと、親らしき人のところへ。
その親は全く注意もせず、しらん顔で横にいる友人とペラペラおしゃべり。
もちろん子供ははしゃぎっぱなしである、そんな光景を見ていると「なんだ、この親」と思い始める。
子供を叱るということに疲れたのだろうか、特に中年の女性に多く見られる。
まだ、20代前半の若い母親の方が人前でも気にせず、子供を叱る姿をよく見かける。


私が昔の頃は違った。悪いことをすれば当然叱られる。
近所のおじさん(管理人のおっちゃんが特に)やおばさん(特にうちの母とまーちゃんのママ)、中には、知らないおじさん(同じマンションだった人)にも怒られるなどしたものだ。
悪いことが何なのかわからない幼少時代(人に水風船を投げてキャッキャしたり)、こうやって、何が悪いのかを知ることができ、世の中の社会と我慢を学んだ。
今大人になって考えると、これはとても有難いことではないだろうかと思う。

*()内は昔の話。

なんて。

締め出しくったのなんて、何十回あっただろう(大げさかな)

「これが家で食べる最後のご飯だからねっ!」
って何回言われただろう。

いやぁ、ほんとに恐かった、うちの母。

・・・いまでもかなり恐いけど(笑


今思うと、あのマンションに住んでて良かったと思う。
同じ世代の子たちが多かった中で遊びまくり、いけないことをすると、怒られる。
マンションでかいのにそこでケイドロする体力も、
自然の中ではしゃぐ機敏さも、
ほとんどがそこで得られたと、

お、、、も、、、、、う、、よ。by森之新


3日のこと。

バイト7時間半。

昔から下町兄弟は好きだったけど、この人たちの
「渋滞」
って曲聴いたらもっと好きになりました。

一度聴いてみそ?
これはほんまにウケるから。

昨日、3日の話。

ゆっち主催のバーベーキュー大会に行ってきました。

チビーズの面倒もあるため、17時にはその場を去る予定でした。


集合時間、12時。
着いたの、13時半。
その場所(コストコ)で買出しをし、出た時間、15時。
バーベキュー会場に着いて、乾杯した時間、16時。
その場を去る17時。

会場滞在時間1時間。
なんじゃそら(笑
墨職人になっておりました。


てか人数多すぎで幹事忙しすぎ。

ほんまお疲れさんやわ。


あ、でも一言。
人数が多いときや、初対面の人がいる場合は、
なんとかなる、適当、
はナシね。
初めのイメージで不安になる子も出てくるし。

仲良くなったら全然アリやけどね。

でも、チャレンジ精神旺盛ですごいわ。
がむばったがむばった。


2日のお話。

バイト7時間半。
以上(笑

31日。

ゼミ合宿から帰る。。。

30日。

(続き)
次の日。。。

後、ゼミ合宿。

レポートを準備していくも、先生にあまりつっこまれず。

てか、他の子やらなすぎで、そりゃあ先生もツッコムわぁってな内容。

うちのクラスが一番よかったわ(笑

29日から30日の朝方にかけて。

バイト7時間半

橋本在住ゆっちん家へ。

うちから車で15分。
他の友達、橋本遠すぎと文句たれる。

僕は、皆が集まるより後だったため、皆ほろ酔い。

99ショップでゆっちのノリツッコミ全快。
皆腹かかえて座り込む。

ここで買った花火を持って近所の公園へ。
すぐさまマッポ。
それを追い返してから花火再開し、はしゃぐ。
アホまっしぐら~。

後、

ゆっち家、汚い。
ともが片付け始めるもギブアップ。
で、
変なグロい映画見せられる。

・・・気分悪い(笑

次の日。。。

28日の話。

バイト。
7時間半。

それだけ(笑

26日のお話。

テストでした。

企業論とかいうやつでした。

教科書だけやたら高い、授業もつまらないっす。


普通に乗り越えました。


そして、

実はこの日、葛飾の花火大会、
の予定でした。

台風でした。

誰がなんと言おうと中止な状態でした。


浴衣の女の子、
見れずに夏、スタート。

といった感じです。


台風のバカ。
雨女雨男のアホ。

と叫びたくなりました。

ご無沙汰。

お久しぶりです。

なんやかんや忙しかったもので。

昔を遡っていきたいと思いまふ。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

フォト

愛馬。

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと。

  • HIROさん。
    一口馬主。 私と同じ、愛馬レッドマーベルを持っています。 その他にも数多くの愛馬を抱えておりまして、うらやましくも思います。
  • みっち。
    小人みたいなかわいらしい子。恋愛してるのかしてないのかできてるのかできてないのか(笑)けれど、相手を思う気持ちは一流です。
  • 姉さん。
    大学のクラスメイトで、木曜メンバーの会の一人の、ほんとに綺麗なお姉さん。ただ、話すと意外と男っぽい。通称あねご(笑
  • あやくん。
    エロ集団の一人。普段は純粋無垢という猫をかぶっているので、じゃらしで剥ぎ取ってあげましょう。何がでてきても責任とりません(笑
  • トモ君。
    通称トモソン。別にデンマーク生まれではなかとです。 ガキのころによく泣かされました(笑)そんな、長い仲です。
  • みちゃき。
    妙に色っぽく感じるのは何故だろぅ。艶女?の割りにさばさばとサッパリしているところもある。でもやっぱ艶やかに認定します(笑
  • ゆっち。
    激しくまっすぐで純粋。やることも激しい。だけど、二人っきりになるとおとなしくなるという噂も・・・。 遅刻ではsecond to noneです(笑
  • ゆみん。
    笑顔が素敵とはまさにこのこと。でも酔っ払うと誰の手にも負えません。必殺技は携帯を叩き落す猫パンチ!!にゃ~(笑
  • ちえ。
    たくましい仙台育ちの愛らしい子。いつもにこにこしているけれど、人をよく見ています。私も少し、見破られました(笑
  • けたろう。
    きみまろ仲間?(笑
  • とも。
    あなたの就職活動アドバイザー☆でもある、わしょーい部隊隊長。やることはとことんやる責任の塊。熱いことは、寒いことと同じくらい大好物(笑
  • トン君
    最近(?)関西弁の女の子って妙に可愛いと思うトンです。
  • くに
    小さな幸せがみつかる。 ケンタっこ。
  • えりちん○
    えりちん○。 放送禁止用語としか思えません・・・。
  • ピろ子。
    かわいくて筋肉触るのが好きな、小さなデザイナー。小学生からの付き合いです。
  • かをりさん。
    尊敬する人。 いつか逢えると信じる。

お気に入りのレストラン。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ