« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

タイムカプセル。

こんばんは。

今日は、長いことお待たせした、同窓会の話。


あ、
まだやったわけじゃないっす。

これから組み立てていく予定なのです。


それを今日決めました。

で、

明日我が母校に行きます。

下見な予定なのだが、もう夏休みに入った学校、

誰かいるのかしら?


校長か教頭がいればいいんだが・・・。


ま、


明日になればわかるか。


どーにかなんべさぁ。
(こんなのんびりでいいのだろうか?・笑)


とりあえず、とも君と10時に待ち合わせなので、



風呂入って寝ます。

木曜のお話。

こんばんは。

今日は涼しいですねぇ。
うちの周りは自然が沢山なので少し寒いとです。


さて、木曜の話。

なんで金曜の話をしないのかは、バイトだったのでしません。

夜に学校の子とチャットをひたすらしてたぐらいかなー。

気づいたら4時。

はまる気持ちがはじめてわかりました(笑

楽しすぎ。またやろー。


話を戻します。

2、3限にテストがありました。

2教科とも己の頭しか持ち込めないというもの。

詰め込みまくりました。

ま、普段空っぽの頭しているので、詰めようと思えば詰まるかな。

けど、悲しいことにそんな能力が特別にあるわけでもありません。


必死で勉強しましたよ。

いい成績取らないとあかんし。


で、
2限の財務会計論。

この先生の授業は雑談が半分を占めます。

ベルギーの会計の話はものすごく楽しそうにします。


そんな授業のテスト。

問題が二つありました。

どちらか一つを選んでやれ。って提示されてたのですが、

全く気づかず、

二つともやってしまいました。

大丈夫なんかなぁ。


続けて、3限マーケティング総論。

元々マーケティングは好きなので、そのての本も読んだりしています。

勉強は、ひたすら教科書を読む。


テスト内容は、
裁量所得の意味と、その拡大によって変化していく現代のマーケティングについて。
と、
製品差別化と、市場細分化について。

思ったよりできました。
解答用紙の裏まで書いちゃいました。

おじいちゃま先生なので、あまり小さな字で書かなかったからかもしれないが。


てか、ゼミの先生なので下手なことはできません。

満点取らないといけない。
っていう雰囲気でもないのだが、私の気持ちの問題としてね。

でも満点は無理かな~。

すみません、先生。


そんなこんなで試験も終わり、前々から約束してた地元の子とかなり久しぶりに会いにいきました。

自宅から車で5分。
地元の強み(笑
近いってやっぱいいねぇ。

あっというまに家の前。

あらあら、色っぽくなっちゃって~。

その理由は言うまでもありません。

彼ができたのです。

女の子にしては珍しい、自分から気持ちを伝えるたくましい子。
筋肉もあります(笑

多少ポヨいらしいが、そうは見えないのでなんの問題もありません。

あ、でも二の腕は気持ちいいくらいプヨプヨ(笑


彼のことがめっちゃ好きっていうのがわかりすぎるぐらいで、嬉しかったなぁ。

・・・なんで自分のことのように喜んでるんだ?(笑


そんな、かわいい子はココにいます。
通称ピろ子。
デザイナーを目指す小さな美大生。

顔は残念ながらでていまへん。

私もだしてないけどね。

見たい方は直接交渉してください(笑


色んな話して楽しかったよ。

彼氏の名前の一文字が私と同じ漢字なのにはさすがにびっくり。
知っている子は知っているが、めったに見ない名なのです。


ま、まだ話たりない感じがあったけど、それはまた次のお楽しみで。


小学生の皆ともわいわいやりたいね~。

って思ってたら、
とも君から、
「そろそろ同窓会やりたいんだけど、一緒に幹事やらない?」
ってご連絡が。


テレパシー?(笑

梅雨明け。

そんなことについて触れているブログは今日、いくつあるでしょうか?

そんなことより暑すぎて死にます。

バイトの日のが涼しいとです。


さて、7月に入ってから今日まで、働いた日数、14日であります。

馬鹿超えてます。途中、風邪引くし・・・。

夏風邪は、馬鹿しかひかないので、馬鹿な人はご注意を(笑


この間、花屋でちいさな綺麗なひまわりがありました。

新盆までは、白い花をメインにお供えするものですが、あまりにも綺麗だったので、

「これも入れてください」

と頼みました。


やっぱり、ひまわりは綺麗ですね。

って感じがします。


そんなひまわりのようにまっすぐ、でっかく咲いた命にぴったり。

どんなに愛されて育ったのだろう。


私も、人を照らせるようなでっかい花を咲かせたいですね。


ふと、

こんなことを思い出しました。

小さな子供がカレーを食べてます。

すると、

みるみるうちに、


ラモスに。


でっかくなって一言。

「おかわり」

知ってた?

鮭。

ご存知ですよね。


実はあれ、

切り身になってるのがシャケで、

まんまがサケっていうんですよ。

休息。

zzz。

必ずというものに捕らわれない心。

昔々のお話です。

まだ、亀も鶴もそんなに出ていないころのこと。
一匹のくわがたがいました。

そのくわがた君は、同じ森に住む小鳥をいつも羨ましく思っていました。

「いいなぁ、小鳥君にはママがいて。僕は一度も顔を見たことがないよ。ご飯も、生まれたときから自分で探さないといけないし」

くわがたとして生まれた自分と、小鳥とをいつも比べてばかり。

住んでいる環境も一緒、羽もあるから空を飛ぶのも一緒。

「どこが違うの?同じだったら僕にだってママがいてもおかしくない」


どうしても自分にママが居ないことを信じることができないくわがた君は、
「きっとどこかに僕のママがいる」
と信じ、ママを探す旅にでました。

森の中をひたすら、飛んでは歩き、歩いては飛びながら探し回っています。


ある日、小鳥よりも自分とよく似ている子に出会いました。

「ね~ね~、君は僕と似ているけど、角みたいのがあるね。誰なの?」

「俺はカブトムシというんだよ。確かに似ているね。けど、君より力持ちだと思うよ」
とカブトムシ、目の前にある自分より何倍も大きな木の枝を持ち上げ、ふっとばしてみせました。

「へぇ~、すごいね。僕も力はあるけど、そこまではないや。ところでさ、君はママがいるの?」

「ママ?なんだいそれ?」
カブトムシは、周りに生まれたときからママがいる子がいなく、ママという存在も、言葉も知らなかったのです。

「ママ、っていうのは、子供を生んで、その子供が大きくなるまで面倒を見てくれる人だよ。ご飯も持ってきてくれたり、とっても優しい人なんだ、って小鳥君がいってた」

「ほぅ、そんな人がいるんだね。ということは、俺にもママという人がいるんだな。でも、どうして俺のママは俺の前に姿を現さないんだ?」

「僕も一緒だよ。顔も見たことない。だから今、ママを探しているんだ」
くわがた君は目を光らせながら話します。

「そうか。そんだったら、俺も君についていっていいかな?自分のママを見てみたいよ」
自分にもママという存在がいるということを知ったカブトムシに、心の奥底からこみ上げてくる愛しさというものを感じたのでしょうか、落ち着くことができません。


「うん、一緒に行こう」


一先ず、前編です。
後編は近いうち載せます。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

フォト

愛馬。

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ひと。

  • HIROさん。
    一口馬主。 私と同じ、愛馬レッドマーベルを持っています。 その他にも数多くの愛馬を抱えておりまして、うらやましくも思います。
  • みっち。
    小人みたいなかわいらしい子。恋愛してるのかしてないのかできてるのかできてないのか(笑)けれど、相手を思う気持ちは一流です。
  • 姉さん。
    大学のクラスメイトで、木曜メンバーの会の一人の、ほんとに綺麗なお姉さん。ただ、話すと意外と男っぽい。通称あねご(笑
  • あやくん。
    エロ集団の一人。普段は純粋無垢という猫をかぶっているので、じゃらしで剥ぎ取ってあげましょう。何がでてきても責任とりません(笑
  • トモ君。
    通称トモソン。別にデンマーク生まれではなかとです。 ガキのころによく泣かされました(笑)そんな、長い仲です。
  • みちゃき。
    妙に色っぽく感じるのは何故だろぅ。艶女?の割りにさばさばとサッパリしているところもある。でもやっぱ艶やかに認定します(笑
  • ゆっち。
    激しくまっすぐで純粋。やることも激しい。だけど、二人っきりになるとおとなしくなるという噂も・・・。 遅刻ではsecond to noneです(笑
  • ゆみん。
    笑顔が素敵とはまさにこのこと。でも酔っ払うと誰の手にも負えません。必殺技は携帯を叩き落す猫パンチ!!にゃ~(笑
  • ちえ。
    たくましい仙台育ちの愛らしい子。いつもにこにこしているけれど、人をよく見ています。私も少し、見破られました(笑
  • けたろう。
    きみまろ仲間?(笑
  • とも。
    あなたの就職活動アドバイザー☆でもある、わしょーい部隊隊長。やることはとことんやる責任の塊。熱いことは、寒いことと同じくらい大好物(笑
  • トン君
    最近(?)関西弁の女の子って妙に可愛いと思うトンです。
  • くに
    小さな幸せがみつかる。 ケンタっこ。
  • えりちん○
    えりちん○。 放送禁止用語としか思えません・・・。
  • ピろ子。
    かわいくて筋肉触るのが好きな、小さなデザイナー。小学生からの付き合いです。
  • かをりさん。
    尊敬する人。 いつか逢えると信じる。

お気に入りのレストラン。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ